町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

大正時代の新聞が・・・

今朝早く、商店主のかたが蔵を掃除していて出てきた新聞を届けてくださいました。
ぱりぱりに乾燥して、色も茶色に変色して・・・
でも、広告や記事に面白いものがありました。taisyou
髭爺いわく・・・
昭和だって「接吻」と聞いただけでもう心臓がバクバクしちゃって
思春期の少年にはたまらなく興味を引く記事だったんだよ。とおっしゃってました。
だったら
大正時代なんでなおさら、みんな大変だったんだ。
kiss
「接吻」だし「男と女」なんだもの、それはそれは・・・
26nenn
そして昭和の新聞もありました。
メリヤス・・
確かにおばあちゃん達が言っていた「綿 コットン」のことですよね。
底値  今のSALEってところでしょうか?
この「伊勢丹」のマークははっきり覚えています。
isetan
この薬は今も販売されていますか?
kusuri
(ここに取り上げた広告は私が独断でたまたま聞いたことのあるものをいくつかピックアップしました。
もっともっとたくさんの広告がありましたこと 記しておきますね)

一番驚いたのがこの記事でした。
マッカサー元帥の息子の犬の行方不明がこんな記事になっていたのです。
でも、日本犬だったことに何故かほっとしたり・・
a-sa-

午後は、子ども大学の打ち合わせで、関係機関の方々がみえました。
子ども大学
髭爺が、講師として何か話をするとか。

そしてSはファルマン通りのほうまで、ポスター掲示のお願いに回りました。
帰りにはもう貼ってくださっていたお店もあり
Toku
Tokuワークショップさん
Tokuチラシ
通りをあちこち眺めながら歩くと、たくさんのお店でポスターを貼ってくださっていました。
アイビーホーム
アイビーホームさん
アイビーチラシ

すだれや
すだれやさん
すだれやチラシ

神田薬局
神田薬局さん
神田薬局チラシ
などなど・・・

先日、このポスターとチラシをデザインしてくださったデザイナーの方は、
「デザインが素敵ですねと言われるより、自分がデザインした本が売れたり、
コンサートのチケットがたくさん売れたりするほうがずっと嬉しい
そして、なによりもたくさんの人が所沢にいらしてくれるといいね」
とおっしゃっていました。

確かに、そうともいえるかもしれませんね。

こうやって出演してくださるボニージャックスのみなさんが
「少なからずとも 所沢が住みやすい町になるよう協力するよ」とおっしゃってくださったり
デザイナーの方まで「チケットが売れて多くの方がこの町を訪れるように」と
私達の活動の意図を御理解くださっているんですもの。

もうコンサートまで1ヶ月近くになりました。
たくさんのお客様に来ていただけるよう、私達も頑張らなくては。



りそな銀行横の「so-flat」さんでセールをやっていました。
50%引きの貼り紙がありましたよ。
ぜひのぞいてみてください。
so-flat
お隣の「チョコレートコスモス」チョココスさんは少し前に閉店されました。
チョココス
ちょっとさびしい風景となりました。

そして夕方7時・・
店長はふらっとへでかけました。




今夜は「所沢地域活性化勉強会」が開催されるのでした。
少し前にスタッフKさんからご紹介いただいた早稲田大学の先生とはお目にかかっていたのですが
今夜はその勉強会ということで仕事帰りに伺いました。

会場となる会議室には17名ほどの方がいらっしゃいます。
所沢の農業に携わる方
大学の先生、学生さん
所沢青年会議所の方、市役所の方・・・
何人もの知っているお顔にも会いました。

そして9時までのあいだ、福祉とビジネスの融合の成功事例とか伺ったのですが
中でも持り上がったのが。
「所沢の特産品を開発しながら、同時に地域を担う若い社会企業家を育成しよう」という試みのお話。

一言では言えませんが
やはり・・と同感することや
今までの聞いたこともないような発想のお話など
本当に面白くて、夢のある時間を過ごすことができました。

そして いつも思うのですが・・・
「実現させること」これが肝心なのですね。
仲秋の名月・・・月明かりのした
所沢の未来を担う若者たち・・そんな彼らにもう既にあっているかもしれないと
そんなことを考えながら帰途に着いたのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1002-675c101e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad