fc2ブログ

町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

今日は冬の気温らしいぞ!

1-IMG_5676_20240221170105800.jpg
傘をささないとしっとり湿ってしまうような朝。
でも本降りで 傘をたたく雨音がうるさいほどではありません。

昨日は半袖で過ごしていた私。
今朝は着るものに苦労しました。
気温がひとけた台と言っているけれど
昨日のあの暑さで急に冬に逆戻りといわれてもなぁ・・・
なんだか本当に信じていいものやら・・

そんな朝8時半過ぎ
とりあえずシャッターのカギだけを開けて店内へ入ります。
次に店内の電気をつけながら自動ドアを中から解錠し
シャッターをあけようとしたらびっくり!!

男性3人が自動ドアの前に立って「開店待ち」状態なのです。
「マンホールカードご希望のお客様ですか?」
「すみません、早いんですがよいですか?」
確かに10時開店だからこの時間はかなり早い。
このお客様方は10時までここで傘をさしてお待ちになるつもりだったのかしら?
1-IMG_5673_20240221170101de4.jpg
すぐにお渡しできましたが、なんでも静岡からお越しとのこと。
店の外に出て 数分のこれからの作戦?会議後 次なる場所へ移動なさっていかれました。
1-IMG_5675_2024022117010301c.jpg
9時になったかならないか?の時点で
またまた「すみません、マンホールカードもらえますか?」と一人の男性。
今日はお客様の出足がずいぶん早いようでした。
風を通すために開店時間前に ドアを開放するから仕方ないか・・
開いていれば やはり人情としては「もらえますか?」となりますよね?

そして10時すぎ
中央公民館でのご用事を済ませていらしたというお客様。
1-IMG_5677_20240221170106080.jpg
1-IMG_5678_20240221170107ca5.jpg
丁度顔を出してくださったスタッフSさんから
百徳着物の説明をお聞きになられました。
1-IMG_5679_20240221170109f5c.jpg
そのSさんを訪ねて見えたお客様。
時間をかけて丁寧に展示の一つ一つをご覧いただくことができました。
毎年お越しになられる方にも 飽きのこないような新しい展示や企画などを楽しんでいただけるように
少しづつ工夫を凝らしていきます。
1-IMG_5680_20240221170110192.jpg
スタッフK子さんも顔を出してくださり店内は期せずしてにぎやかな笑い声で包まれました。
1-IMG_5681_2024022117011296b.jpg
こちらのお客様は何かをお探しのご様子。
プレゼントなのか?ご自分で飾られるものなのか?
お声を掛けたくても真剣にご覧になっていらしたので
そのまま自由に見て回っていただきました。
1-IMG_5682_20240221170113f81.jpg
お近くにお住いというお客様。
お越しいただいたのは初めてのようでした。
1-IMG_5683_202402211701153a5.jpg
その昔大変お世話になったお店の奥様。
ご主人様が他界なさり
ずいぶん前にお店をたたまれてしまいましたが
それ以降、東京にお引越しなさってからも毎年お雛さまを見にいらしてくださいます。

そして今日は「新妻 Hちゃん」が来店くださいました。
彼女との出会いは彼女が10歳 小学校4年生の時・・・
え?今26歳?
じゃぁ、え?16年も前のこと?
一緒に肝試しの準備をしていたあのHちゃんが・・
K子さんも加わってしばし「懐かしの時間」を過ごしました。

まちぞうは明日22日木曜と明後日23日の天皇誕生日はお休みとなります。
申し訳ございませんが24日の土曜日以降、お尋ねください。
素敵なお雛様方が皆様のお越しをお待ち申し上げております。
スポンサーサイト



今日も強風。もういやになっちゃった!

1-IMG_5650_20240219171639032.jpg
天気予報では夜から雨
でも家を出るときにはもうしとしと降りだしていました。
1-IMG_5652.jpg
でも寒くありません。
羽織ってきた上着は脱いでしまうほどでした。
1-IMG_5654_20240219171643981.jpg
でも、朝からお客様がお越しになられました。
10時の開店までにすでに4名の方が・・・
「ここがメイン会場ね」と雛物語のチラシを手にお越しくださいます。
1-IMG_5653_20240219171642ad0.jpg
1-IMG_5655_20240219171645b8e.jpg
1-IMG_5656_20240219171646694.jpg
1-IMG_5657_20240219171648214.jpg
しばらくすると日差しが見えたり
雨は上がっていました。
1-IMG_5658_20240219171649009.jpg
今日もどんな様子か心配したK子さんが立ち寄ってくださいました。
そしてすぐに解説・・・
助かります。
1-IMG_5659_202402191716513f9.jpg
雛人形の話から着物の話
明治天皇行在所のことK子さんのお話には定評があります。

1-IMG_5662_202402191716550af.jpg
午後8月開催のジャズフェスの件で所沢駅まで出かけます。
今にも泣きだしそうな空でしたが
出かけてから帰るまで傘をさすことはありませんでした。よかった。
1-IMG_5660_20240219171652657.jpg
1-IMG_5661_20240219171654eba.jpg
強風の中、パンツに羽織を小粋に羽織った男性に遭遇。
お声をかけて写真を撮らせていただいたり
3月3日のPRをさせていただきたかった!

1-IMG_5664_2024021917165742a.jpg
1-IMG_5665_20240219171658f2d.jpg
1-IMG_5667_2024021917170079a.jpg
1-IMG_5668_20240219171701179.jpg
1-IMG_5670_2024021917170432b.jpg

夕方、K先生がお雛さまをお持ちくださいました。
1-IMG_5669_2024021917170373e.jpg
ケース入りのこのお雛様
昨年もあっという間にそれぞれのご家庭へ「お嫁?」に行ってしまいました。
1-IMG_5671_202402191717066f7.jpg
先生の作品の魅力のひとつはこの着物地の素敵なこと。
上の2つの「内裏様」の置物には5重の塔らしきものが見えます。
1-IMG_5672_2024021917163736f.jpg
アップにしていただくと着物地の素材
しぼ・・も,みえるようです。
つるつるの着物地というのではなく表面が凸凹している感じです。
しぼ
写真はちりめんのしぼ(生地屋本店さんHPより)

※しぼとは・・・
生地のシボとは?
シボとは生地全体できた細かな凹凸のことで、これは撚りのない経糸と、強い撚りがかかった緯糸を使って織り
精錬する際に緯糸の撚りが戻ることで生み出される風合いです。
シボがあると、生地の表面の凹凸が光を乱反射するため
シルクなど素材の美しさが一層際立ち、色合いに深みを感じられるようになります。

17時50分
今日最後のマンホールカードのお客様。
東所沢からお越しのかたで「ガンダムは英語ヴァージョンもあるんですよね?」
すでに所沢市観光物産館 YOTーTOKOで両ヴァージョンを手にした方でした。
所沢市内4か所で配布しているカードのうち
ガンダムカードの2か所だけには英語ヴァージョンがあるので
これを目的にお越しになる方も多いのですよ。

やはり雛物語は来店者数、まちぞうでは一番かしら?

1-IMG_5615_20240218174022022.jpg
雛物語のバナーがよーく見えます。
1-IMG_5616_2024021817402473c.jpg
これです。
1-IMG_5617_20240218174025a12.jpg
毎年このバナーが見えるとひな祭りが近づいてきたと感じてくださる方が多いようです。

昨日はSさんとNさん。
今日はK子さんがお店番にいらしてくださいました。
早速、お客様に展示のお雛様の紹介をしてくださいます。
1-IMG_5618_20240218174026719.jpg
朝10時から
1-IMG_5619_202402181740275f8.jpg
お客様がお越しになり
K子さんは主に店内の説明を
私はマンホールカードをお求めの方の対応と
作品販売の接客・・
そして3月3日のとことこ春の市 時代着物市のご案内もいたします。
1-IMG_5620_20240218174029721.jpg
そういえばK子さんが今日お召しなのも
着物からのリメイクジャケット。
これが色も柄も本当に素敵で・・
1-IMG_5621_20240218174030786.jpg
1-IMG_5622_20240218174032d55.jpg
1-IMG_5623_20240218174033496.jpg
1-IMG_5624_20240218174035c64.jpg
1-IMG_5625_202402181740366e8.jpg
1-IMG_5626_2024021817403894f.jpg
1-IMG_5627_20240218174039abc.jpg
1-IMG_5628_202402181740414c0.jpg
1-IMG_5629_202402181740429b0.jpg
1-IMG_5630_20240218174044d1c.jpg
マンホールカードをお求めの方
大急ぎで上下水道局へ小走りです。
1-IMG_5631_20240218174045421.jpg
1-IMG_5632_20240218174047190.jpg
マンホールカードのお客様、ここから大急ぎで東所沢の物産館へ走ります。
1-IMG_5634_20240218174048d3d.jpg
1-IMG_5635_20240218174050e1a.jpg
こちらのお客様は昨年もお越しくださいました。
亡くなった奥様が手作りのとてもお上手な方で
回顧作品展を開催した際の写真を見せていただいた記憶がありました。
今年もあちこちのお雛様をご覧になっているとのこと。
先日瑞穂町からいただいた享保雛展示のチラシをお持ちいただきました。
「行ってみるかな・・」
1-IMG_5648_20240218174120d99.jpg
マンホールカードをお求めの池袋からお越しのご夫婦。
「いい時に来たなぁ」
実は11・12の連休にお越しくださったのに町造が連休だったので再度お越しくださったとのこと。
そうですよえ・・
10日から始まる企画展なのに
11・12の連休はお客さんにとっては????ですよね。
定休日は定休日だけど、こういう時は柔軟に考えられるといいのだけれどなぁ・・・
1-IMG_5636.jpg
1-IMG_5637_202402181741232ff.jpg
写真撮影にお越しの客様
1-IMG_5638_20240218174125d76.jpg
1-IMG_5639_20240218174126138.jpg
こちらは数日前にお越しのお客様が
引っ越しするので吊るし飾りを寄贈したいとお申し出があり頂戴したものです。
1-IMG_5640_202402181741285d5.jpg
1-IMG_5642_2024021817412998a.jpg
1-IMG_5643_2024021817413122a.jpg
1-IMG_5644_20240218174132cf8.jpg
1-IMG_5645_202402181741349ad.jpg
先ほどのお客様
展示を本当にじっくりとご覧になっていただき
1時間近くいらっしゃいましたでしょうか?
「本当にいい時にきたなぁ」と何度もおっしゃっていただけました。
1-IMG_5646_20240218174135873.jpg
1-IMG_5647_202402181741374a0.jpg
こうして今日はマンホールカードをお求めの方だけでも33組。
そのほかに展示をご覧になるお客様がたくさんお越しになりました。
お雛様方もこうやって皆さんにご覧いただけて
うれしい・・うれしい・・・雛物語です。

今日は穏やかな土曜日でした。

1-IMG_5592_20240217174401f09.jpg
今朝は,風もなく、気温もさほど低くない
久しぶりに穏やかな町造です。

1-IMG_5594_2024021717440330f.jpg
今日は朝からスタッフSさんとNさんお二人がサポートにいらしてくださいました。
Sさんはお客様が来店するタブに丁寧に展示の説明をしてくださいます。
1-IMG_5595_2024021717440427f.jpg
そのSさんがご自身の作られた「百徳着物」を急遽展示してくださることになりました。
お客様からのリクエスト?で
大急ぎの展示入れ替えです。
そんな時に頼りになるのがNさん。
二人で短時間に丁寧に飾りつけしてくださいます。
1-IMG_5601_20240217174411ab0.jpg
どうですか?立派な百徳着物が3枚並びました。
1-IMG_5596_202402171744051aa.jpg
その後も‥人の流れは切れ目なく
Sさんと私がお客様と・・
Nさんはマンホールカードをお求めのお客様の対応と会計を受け持ってくださいます。
1-IMG_5597_20240217174407281.jpg
3人の連係プレーで動いていたら
1-IMG_5598_202402171744083e5.jpg
あという間に13時・・・
1-IMG_5599_20240217174410943.jpg
お昼ごはんも申し訳ないほど短時間に済ませていただくこととなってしまいました。

1-IMG_5602_20240217174413712.jpg
この表に面したウィンドウに飾られている7段飾りのお雛様が
お客様の足を止め、店内へ誘います。
このタペストリーは商店のYさんからいただきました。
華やかで立派です。
1-IMG_5604_202402171744144a1.jpg
「パパ」が撮影に夢中になっていると
1-IMG_5605_20240217174416ba8.jpg
「ぼく」がまだぁ?とクンクン泣きます。
1-IMG_5606_20240217174418b80.jpg
そして
1-IMG_5607_202402171744199a9.jpg
次々と・・・
1-IMG_5608_20240217174420fbc.jpg
人が切れたかと思うとまたお越しになり・・・
夕方4時過ぎ 人の流れがほぼ止まったかと思われたときに
お二人にはお帰りいただくことができました。
本当に助かりました。
ちょっとの時間でしたが人の切れたタイミングでメールも出せたし
パソコンに向かう時間が取れました。
1-IMG_5609_20240217174422879.jpg
さ、ここからは一人です。
1-IMG_5610_20240217174423950.jpg
やはり人が切れたかと椅子に座ろうとするとまたらお客様が見えます。
1-IMG_5611_202402171744258bf.jpg
関東の雛飾りを見て回っているという方
1-IMG_5612_20240217174426ccd.jpg
懐かしい。かわいいを連呼なさる方。
1-IMG_5613_2024021717442847f.jpg
初節句でお雛様をこれからお求めになろうと下見?に見えたご家族。
見えないけどパパの胸には11月生まれのお嬢ちゃま。

18時5分前
お買い物帰りのお客様が来店。
お二人それぞれに店内をじっくりご覧になり
それぞれが気に入った作品をお求めになられて行かれました。

この元町に町造が来た頃の雛物語は
どっと人がお越しになり店内がバタバタすることも多かったと記憶していますが
最近はまずお若い方があまりお越しにならず
そこそこ人生のお姉さま?方がぽつぽつおk氏になることが多くなったように思います。

もっとも世の中、やっと「もうすぐお雛様だ」と思われてきた頃なので
これからはわかりませんがね。

マンホールカードをお求めに吉見町から訪れたご夫婦は
今ご自宅にあるお人形をどうやって飾ってあげたらいいのか悩まれたいたご様子。
店内のお日案様方をご覧になりしばらくお話をさせていただいたら
「今日ここに来てよかった」と嬉しそうにお帰り下さいました。

そうなんです。
お雛様はいつまでに飾らなくちゃいけない
いつまでに片付けなければいけない…は私はないと思っています。
確かにそれを守れることに越したことはないのですが
大事なのは・・・
「持ち主の思い」なのだと思うのです。
「出してあげるのが遅くなってごめんね」
「狭い場所で申し訳ない」
それでも箱から出して息をさせてあげようとなさるその気持ち
大事に大切にと思うその思い
それが何よりも大事なのだと思うのですが・・・

帰宅して灯りをつけた玄関に
今年も私と娘の親王飾りが狭い靴箱の上にくっついて並んでいます。
「狭くてごめんね・・・」

強風…これって春何番ですかぁ?

1-IMG_5579.jpg
朝からかなりの強風。
天気予報でも北風が強いとは聞いていたけれど
昨日の「春一番」どころではないとんても」ない風になってきました。
1-IMG_5580.jpg
とりあえず、いつも通り定休日明けの店内チェック。
そうそう、外に出しておいたチラシラックは一時避難です。
1-IMG_5581.jpg
今日最初のお客様は元スタッフのTさん。
旧店舗 井筒屋時代にボランティアスタッフとして活動なさっていましたが
ここに移転して以来はお客様になっています。
入れ違いにいらしたのも男性のお客様。
金属アレルギーのお嬢様用に木製のフォークをお求めになられました、
1-IMG_5582.jpg
「わぁぁぁぁ‥すごぉぉぉい風」と駆け込んできたのは女性4人組。
パッチワークを習っているお仲間だそうです。
雨宿りならぬ「風宿り」のお客様がここから続々入店なさいました。
1-IMG_5584.jpg
今朝もMちゃんの出勤する13時までは一人なのですが
定休日明けの今日はなぜか朝から電話が何本も入ってきました。
接客しながら子機で話
子機を持ちながらお客様と接して
朝8時半からとうとう12時まで座る間もほとんどなく
朝入れたあたたかな緑茶がアイスティーになってしまいました。
1-IMG_5585-001.jpg
Mちゃんが出勤してくると今日はT実行委員長と
ポスターや雛物語の看板を取り付けにすぐに外出
この風の中、二人で作業に出かけてくださいました。
1-IMG_5588_20240216173428b7c.jpg
この間も、お客様は途切れません。
1-IMG_5589_20240216173430f28.jpg
外から覗いていた幼稚園帰りの親子ささん。
長い時間店内をご覧になりお買い物もなさって嬉しそうにお帰りいただけました。
1-IMG_5591_20240216173433cf0.jpg
こちらのお二人は小1時間いらしたでしょうか?
お着物をお召しになる際に使いたいと
アクセサリーになるようなミニ手毬やつまみ細工の花など
丁寧にじっくりと選んでいらっしゃいました。
また3月3日の時代着物市も楽しみだとおっしゃって
当日まちぞうの店番に入ってくださる「悉皆屋」さんの着物王子に会えることも楽しそうにお帰りになりました。

閉店5分前にお越しになったのはご近所の親子さん。
パパに見覚えがあったのでお声を掛けたら
お子さんは3歳になられていました。確か毎年顔を出してくださっていたはず。
お子さんだけを見ていたらあんまり大きくなったのできっとわからなかったでしょう。
今度もう少し早い時間にお越しになって
じっくりとご覧くださいとご案内しました。

このほかにもマンホールカードをお求めの方々が強風にもめげず10名近くお見えになりました。
外国籍の方も・・・
連日空くない日でも4.5名の方がお越しになりますね。

さてショウウィンドウの小さなお雛様
自宅からちびちび運び込んでは並べています。
今日は大内雛に続いて、商店街の奥様に追っていただいた和紙のお雛様
ミッキーさんの近くに置かせていただきました。
1-IMG_5586.jpg

野老澤雛物語 スタートして明日で1週間がたちます。
皆様のお越しをお待ち申し上げております。

連休明けの雛物語・・・一年ぶりの再会でした。

1-IMG_5534_20240214170938f5a.jpg
朝9時前のまちぞう
店内の様子は荒らすが光ってしまって見えません。
1-IMG_5535_202402141709400e7.jpg
9時過ぎた頃でしょうか?
近くの保育園の子どもたちがお散歩に見えました。
この時期、いつも7段飾りのひな壇のあるショウウィンドウの前で
にぎやかな声が聞こえてきます。
「どうぞ、そのまま店内にお入りください」
開店前なのでほかのお客様のご迷惑になることもありません。
ゆっくりご覧いただきたいのですが
写真のように明るい場所にあるリカちゃんやトコろんのお雛様はよいのですが
店の奥の江戸時代のお雛様が並ぶ場所へ近づくと
毎回、だれか一人が泣き出してしまうのでした。
またいらっしゃいね。
1-IMG_5536_20240214170941d02.jpg
開店時間になると今日は」とうとう閉店間際まで人の切れることはないくらいでした。
久しぶりにお顔を見せてくださった方。
毎年、お雛様に会いにお越しくださる方。
初めてお越しくださった方。
手作りの好きな方。
手作り作品をご自身が作る方。
お雛様が大好きで全国回っている方・・
毎年、様々なお客様と出会える楽しい企画展です。
1-IMG_5537_20240214170943460.jpg
海外の方へのプレゼントを探す方。
1-IMG_5538_20240214170944030.jpg
あれ?
この二人・・この姿・・
1-IMG_5539_20240214170945545.jpg
確かにお目にかかった記憶があるなぁ・・・
IMG_1283_20230305160844c2d_202402141722115c6.jpg

思い出しました。
こちらは昨年お越しになったときの一枚。
やはりお雛様を見にいらっしゃいました。
ブラジルの方?とお話しなさっていましたっけ。

そしてなんと生配信で店内の様子をずっと話されていました。
(ポルトガル語なので聴いていても全くわからない)
こちらはポルトガル語はもちろん英語だってあやふやなんだから
日本語で対応してくださって大助かりでした。

一年振りの再会でした。
お客様も覚えてくださっていて。
ふと3月3日の時代着物市のご案内をしましたら
是非きます!とのこと。

とことこ春の市 時代着物市当日の楽しみが増えました。

1-IMG_5541_20240214170947ea8.jpg
1-IMG_5542_20240214170948b38.jpg
1-IMG_5543_20240214170950858.jpg
その後も続々と・・
お昼過ぎでも途切れません。
13時に出勤してくるMちゃんを待って
今日はお雛様の展示に出かけます。
1-IMG_5549.jpg
寿町の「柿の木の下」
ギャラリーとして活用なさっているかわいいおうちです。
1-IMG_5550_20240214170953fdc.jpg
オーナーのGちゃんにも飾り終わったお雛様をご覧いただきました。
1-IMG_5551_202402141709547b7.jpg
「柿の木の下」の名前のとおり、右に写っているのが「柿の木」
1-IMG_5552_20240214170956be9.jpg
どうですか?
1-IMG_5553_20240214170957c55.jpg
とってもすっきり飾らせていただくことができました。
実は展示している最中に
皆さん覗かれていったり、声をかけてくださるかたもいたほど。
やはり「お雛様」ならではの魅力があるのでしょうね。
1-IMG_5555_202402141709594c3.jpg
「柿の木の下」
閉まっていることも多いのですがガラス戸を覗いていただければ見えますよ。

午後2時 戻ると今日はところざわ倶楽部の方が来店。
会報誌に店内の様子を載せてくださるそうです。
この後、今度はMちゃんが町中のお雛様の展示の写真を撮りに出かけます。
やはり二人だとすれ違いの生活になってしまいますね。
1-IMG_5556.jpg
1-IMG_5557.jpg
1-IMG_5558_20240214171003850.jpg
ご近所の方がお友達を連れて来店なさいました。
男性4人組。
なんだかおいしそうなものをぶら下げてちょっと良い気分かしら?
ほんのり赤いお顔でした。
1-IMG_5570.jpg
そして夕方再度まちぞうの写真にチャレンジ。
どうですか?
店内がきれいに見えていますよね?

今日最後のお客様は中富小学校のT先生。
御授業で使う資料を数か月前からまちぞうに借りに見えたり
とてもべ勉強熱心な先生で何度もおこしになっていましたが
無事に授業が終わりましたと資料返却と報告にいらしてくださったのです。

気が付けば間もなく閉店の18時。
あっという間の一日でした。
パソコンに向かい時間もとうとう取れずじまい。
今日も宿題持って帰りましょうか・・・

野老澤雛物語 初日は無事に終了しました。11日・12日は連休です。

朝8時半、掃除機をかけてお客様をお迎えする準備万端です。
気温もそんなに低くはなさそうだし、お天気も良いし
雛物語スタートには申し分のない朝です。

展示のお雛様をチェック。
販売する作品に値札が付いていないかもチェック。
気が付けば開店30分前。

ほどなくしてSさんが駆けつけてくださいました。
そしてその後Nさんも・・・
1-IMG_5521.jpg
一度にお客様がどっとお越しになることはありませんでしたが
ぽつぽつと・・・

その後自動ドアをスタッフNさんに開放していただくと
1-IMG_5522.jpg
次々に来店なさいます。
1-IMG_5523.jpg
1-IMG_5524.jpg
中には昨日、今日までが準備中なので・・・とお伝えしたお客様。
「来たわよ」と約束通り 店内をゆっくりとご覧になりにいらしてくださいました。
1-IMG_5525.jpg
1-IMG_5526.jpg
1-IMG_5527_20240210172201f17.jpg
店内には久しぶりにSさんのお雛様の解説が響きます。
あぁ、この声、この声。
SさんとK子さんの声が聞こえてくるのがこの「雛物語」なんだなぁ・・・
1-IMG_5528_202402101722028ca.jpg
今日の客様
見学はもちろんですが手作り品の販売は今年も大人気です。
1-IMG_5529_202402101722034d4.jpg
途中、「足りないかしら}と追加でお持ちいただいた先生の作品でしたが
これも早い時間に売れていってしまいました。

お一人でお越しになられた方はもちろん、
お仲間と一緒にお越しになった方
午前中にお友達が来店なさり、その情報からお買い物に駆けつけた方・・・と
それぞれですが、とにかく皆さん楽しそうでした。
1-IMG_5531_20240210172206243.jpg
そんな中、40年以上前の7段飾りをやっと今日飾ってきたとおっしゃるご夫婦。
楽しそうに、興味津々に店内をお雛魔様をご覧いただきました。
お雛様と一緒に当時 お嬢様が保育園で作ったお雛様も一緒に飾っているんだ‥
と話されるご主人様の優しいお顔が印象に残りました。
お雛様もお幸せですね・・

でも、なかなかこういうご家庭は少なくなってきました。
展示なさる方の高齢化もあり
高いところから何箱も雛の翁箱を出すのが危険だったりすることもあります。
そうか無理なさらずに
例えば段を作らずに平らにかわいらしく広げて並べて絵見たり
既存jの棚に順番を気にせずならべたり
それも大変になれば親王飾り(上のご夫婦のみ)だけ出されたり
工夫をして「雛飾り」を楽しんでいただきたいと思います。

明日11日(建国記念の日)12日(振替休日)と町造は連休になります。
雛物語始まって早々、本当に申し訳ございませんが
13日以降のご来店心よりお待ち申し上げております。

明日より野老澤雛物語 スタートです。

1-IMG_5439_202402091740089c8.jpg
穏やかな朝・・・
でも昨日定休日だった私は焦っています。
店内の準備がまだ終わっていないことがずっと気になっていたからです。
いつもより早めに店に入り
大急ぎでおとといの作業の続きをしなくちゃ・・・
1-IMG_5441_20240209174010e38.jpg
外から歌声が・・
先生の「せーの」に続き
「灯りをつけまそ ぼんぼりに・・」
1-IMG_5442.jpg
「あっちのほうにはトコろんちゃんのお雛様がいるわよ」
みんな口々に「トコろん」「野老んだって」とすぐに移動して・・・

みんながのぞいていたのはここ。
このショーウィンドウです。
1-IMG_5440_20240209174353051.jpg
実はね、昨日良いもの見つけて買い物してきました。
それを今朝一番に並べ終わったところでした。
だからみんなに見てもらえて大満足。
今年は保育園児さん始め子どもたちの喜んでもらえるような飾りつけにしたいと
スタッフみんなで話していたからです。
IMG_5431.jpg
一昨日 女子4人でいろいろ話していたのもここ!!
1-IMG_5463.jpg
この飾りなんです。
わかりますか?
1-IMG_5465.jpg
さるぼぼの吊るし飾りも展示しました。
1-IMG_5464.jpg
小さなペコ・ポコちゃんと 張り子のお雛様に緋毛氈と金屏風を見つけてきたんです。
こんな小さなものが手に入ったなんてラッキー!!
そして後ろのミッキーひなにも台と屏風を・・・
これで本格的になりましたよね?

1-IMG_5444.jpg
所沢市まちづくり観光協会のH事務局長が
観光協会の㏋にアップしてくださると
店内の写真を撮りにいらしてくださいました。
感謝です。
1-IMG_5445.jpg
実は朝からお客様がどんどん入ってこられます。
ただいま準備中の張り紙があるのですが
どなたもご覧にならないのか・・
もう店内が明るく楽しく見えるので開催中と勘違いなさるのでしょう。
この時は一時に6名が入られてきて一人でワタワタ・・
(しかも子の6名ご夫婦以外は お一人のかた・・・
なんでこんなに一度に???)
結局、ざっとご覧いただきお帰りいただくことにしました。
明日以降の再来店をお願いして・・・

さ、急いで店内を片付けていきましょう。

と言っている矢先に今日納品なさる方がお二人
作品と納品数を確認してお預かりします。
1-IMG_5446_20240209174015883.jpg
展示台は木箱や衣装ケースを組み合わせて作っていきました。
1-IMG_5449-001.jpg
この奥にあるデッドスペースも活用しましょ。
1-IMG_5458_20240209174018207.jpg
こうして先生方からの作品を
1-IMG_5461_20240209174020b7e.jpg
何とか見やすく でもお客様の動線は妨げず
1-IMG_5462_202402091740216e5.jpg
スタッフの皆さんにお手伝いいただいたものを
1-IMG_5467.jpg
微調整していきます。

明日はいよいよ雛物語初日です。
1-IMG_5469_20240209174032268.jpg
1-IMG_5468_20240209174030708.jpg
たくさんのお雛様と可愛らしい作品に囲まれた今年のまちぞう店内
どうぞお楽しみになさってください。

所沢のひな祭り2024 野老澤雛物語は2月10日(土)から3月10日(日)まで

この間11日(日)建国記念の日
    12日(月)振替休日
    23日(金)天皇誕生日 と毎週木曜日 町造はお休みになります。

特に11日、12日は開催早々申し訳ございませんが
定休日のため申し訳ございません。

そして3月3日(日)
まさにひな祭り当日は「新 三八市」改め「とことこ春の市 時代着物市」開催です。
どうぞお楽しみに・・・

2日の読売新聞でもご紹介いただきました「野老澤雛物語」はいよいよ10日から開催です。

IMG_5416.jpg
想像していたより雪が少なく
また気温も高めなせいか地面に残る雪は見る見る溶けていくようです。
IMG_5422.jpg
今朝も開店前からSさんが駆けつけて下さり
遅れていた展示をどんどん進めてくださいました。

私はまず、夏のジャズフェスティバルのチラシのデータをデザイナーさんに送ります。
雛のことですっかり遅れてしまっていたデータの制作、やっとできました。

そして今日は雛物語期間中に作品展を開催なさるT先生のアトリエをお尋ねし
昨日までに飾った作品の配置などの確認をお願いしようと思っています。
IMG_5423.jpg
Mちゃんがお話ししているのは昨年亡くなった三上さん 髭爺のお友達。
今日は町歩きだったのでしょうか?

町歩きといえば今日は西武鉄道さんの木アックでもあったのでしょうか?
朝から展示中のまちぞうに次から次にお客様が入ってこられるのでした。
展示準備中という張り紙は誰も見てくれないんだなぁ。

とにかく9時過ぎから次々にお越しになるたびに
「すみません、10日から始まりますので・・」と伝えるのですが
「都内から来てるからちょっと見せて」
「去年は定休日だったのよ、少し見せて」と
なかなか作業がはかどらない時間が続きました。

昼過ぎ
今日は西武鉄道さんへ駅に貼っていただくポスター・チラシをお届けに出かけます。
IMG_5424.jpg
IMG_5425.jpg
線路沿いのこの道
電車好きの子どもたちには人気のスポット。
IMG_5426.jpg
IMG_5427.jpg
ポスターをお届けする場所は線路のすぐそば。
目線も電車の車輪あたりに見えるような気がして
子どものころの自分に戻ったように感じられる
私にとっては結構好きな場所です。

このあと展示写真を持ってT先生のアトリエでお話ししているうちに
「ちょっと行って私がやりましょう」
実は体調が少し悪いとのことだったので
何とか私が先生の遠隔操作で動こうと思っていたのですが
とてもとても私には無理な仕事でした。

やはり制作者の情熱が、一つ一つの作品をどうやって置けばよく煮えるのか
ちゃちゃっと作業なさっているようで実は考えがしっかりあって。
そこは作者じゃなくちゃできないことなんですね。

先生をまちぞうまえで降ろして車を駐車場に入れようとしたら
なんあと地下3階から全部満車。
近くの駐車場を探したのにどこも満車。

あとで聞いたら中央公民館で講演会があったそうで
これが午後4時までということでこの時間帯まったく車が入れなかったのですね。
IMG_5428.jpg

このあとT先生をアトリエにお送りして帰ってきてもまだ3時過ぎなので
駐車場は満員でした。

IMG_5429.jpg
取り急ぎ商店街の方にお願いしてお店の隣に4時まで停めさせていただき町造に戻ると
IMG_5430_2024020723264652e.jpg
ん?
IMG_5431.jpg
なんだか楽しそうな4人組。
何を覗いているのかしら?
答えは金曜日にご紹介しましょう。

さてさて先ほどのT先生の作品展。
こんな風に直してくださいました。
IMG_5433_20240207232652083.jpg
IMG_5434_20240207232652a12.jpg
このあたりまでは何となく私のレイアウトを尊重してくださったのでしょう。
IMG_5435_202402072326536c3.jpg
ここからが今日アトリエから運び込んだ作品をガンガン並べてくださいました。
なんだか艶っぽい、色っぽい作品もあります。
これは楽しみになってきました。
IMG_5436_20240207232656d80.jpg
スタッフが雛のチラシを10枚づつに分けてくださっています。
金曜日にこれを各商店にお配りしてきます。
IMG_5437_20240207232656d7d.jpg
まちぞうは明日は定休日。
そして金曜日に最後の準備を済ませて10日からいよいよ雛物語スタートします。

再度ご案内します。
今月はお休みをいただく日が多いのでお間違いのないようご来店ください。


所沢のひな祭り2024 野老澤雛物語は2月10日(土)から3月10日(日)まで

この間11日(日)建国記念の日
    12日(月)振替休日
    23日(金)天皇誕生日 と毎週木曜日 町造はお休みになります。

特に11日、12日か開催早々申し訳ございませんが
定休日のため申し訳ございません。

そして3月3日(日)
まさにひな祭り当日は「新 三八市」改め「とことこ春の市 時代着物市」開催です。
どうぞお楽しみに・・・

本格的な雪です。皆さまお気をつけて!

1-IMG_5377-001.jpg
天気予報では必ず降る・・・
しかも大雪になるかもしれない。
オオカミが来た!ではない本当に予報通りの一日となりました。
1-IMG_5379-001.jpg
朝早く雛のお手伝いにいらしてくださっていたK子さんでしたが
昼前に降りだした雨に気づき、大急ぎでお帰りいただきました。
1-IMG_5380-001.jpg
まだ雨だと思っていたけれどこの後来店した方に
「雪まじりになってきてますよ」と教えていただきました。
1-IMG_5386-001.jpg
午後1時 出勤してきたMちゃんが早速融雪剤をまいてくださいました。
これで明日の朝の雪かきが少し楽になれば
前を歩く方が転ばないようになればいいのですが。
1-IMG_5387-001.jpg
1-IMG_5388-001.jpg
さて作業続行です。
1-IMG_5389-001.jpg
今日は昨年の人形作家 大塩雅子さんに続き
創作人形作家 富沢則子さんの作品を事前にお借りして大まかに展示してみました。
うまくできない・・・
明後日衣桁先生にお越しいただき調整していただくことにしまししょう。
1-IMG_5393-001.jpg
ちょっとご紹介
これ面白いでしょ?
富沢先生の作品はほかに類を見ない独特のフォルムだったり
とにかく面白いんです。
こんなにたくさん並ぶと圧巻ですよね?

そしてこのほか販売のほうも並べ始めていきます。
1-IMG_5390-001.jpg
いちいちかわいくて
1-IMG_5391-001.jpg
手が止まってしまいそう。
1-IMG_5392-001.jpg
毎年、この販売作品を並べ始めると通りから店の中を覗きこんだり
「知ってるのよ、まだ準備中なのは・・でもちょとだけ見せて」と
かなりの割合でお客様がお入りになってこられるのです。
うれしいような、そのたびに手が止まって困るような。。。
でも、私には皆様の期待感が伝わってきて とてもうれしい時間になってはいます。

1-IMG_5403_20240205170739c27.jpg
肉眼では白いものがはっきり見えてきて
1-IMG_5405_20240205170741c7a.jpg
とうとう傘にまで積もるまでになりました。
1-IMG_5406_20240205170743dfb.jpg
ここからはあっという間。
作業をしてふと外を見るたびに
どんどん白くなってきています。
1-IMG_5407_20240205170744877.jpg
1-IMG_5408_20240205170745be0.jpg
マンホールカードをお求めの方に道しるべrとなるよう看板を出していたのですがこのありさま。
かろうじてマンホールカードの幟は見えていました。
1-IMG_5409_20240205170747b9f.jpg
完璧に雪景色になってしまいました。
夕方5時半
今日はFM茶笛の生放送でこの雛物語のご紹介をさせていただく日。
いつも早口の私が、早く帰りたい一心から売族の早口になり
パーソナリティの長谷さんの素晴らしいサポートで何とか無事に終了いたしました。
明日私は定休日。
雪かきがあると思うとMちゃんには申し訳ないです。
1-IMG_5411_20240205170748415.jpg
1-IMG_5412_20240205170750b67.jpg
余すところ水曜日・金曜日の二日間で最後の仕上げに入ることになります。
西武鉄道さんにポスターをお届けに上がったり
富沢先生に作品展示の確認作業をしていただいたり
ラストスパートの日々が始まりました。

最後に・・・
1-IMG_5414_2024020517075342d.jpg
「あたしたちもおまちしているわよ」

所沢のひな祭り2024 野老澤雛物語は2月10日(土)から3月10日(日)まで

この間11日(日)建国記念の日
    12日(月)振替休日
    23日(金)天皇誕生日 と毎週木曜日 町造はお休みになります。

特に11日、12日か開催早々申し訳ございませんが
定休日のため申し訳ございません。

そして3月3日(日)
まさにひな祭り当日は「新 三八市」改め「とことこ春の市 時代着物市」開催です。
どうぞお楽しみに・・・

気が付けば夕方・・・?

1-IMG_5341.jpg
風もなく
1-IMG_5342.jpg
雛物語のバナーがお行儀よく並んで見えます。
ボロボロになったので今年新調したせいか、色も鮮やかに見えます。
1-IMG_5340.jpg
さ、今朝の店内。
今日はここに販売用の展示台を設けたり
享保雛
トコろん雛
リカちゃん雛
平成・令和の立ちびな
そして7段飾りの隣のスペースの飾りつけをやる予定。
9時前には作業開始です。
1-IMG_5345_20240204174546b79.jpg
展示前に一年ぶりに談笑する二人。
収納箱に入っているときも展示と同じように並んで同じ方向を見ているので
久しぶりに向き合ってゆっくりと話してもらいます。
1-IMG_5347.jpg
このリカちゃんを並べていると外から声が・・・
早速チラシをお渡しして展示をご案内しました。
1-IMG_5348.jpg
緋毛氈の下は箪笥。
その上に緋毛氈を敷けば展示台になります。
ということで、このあたりに4本の箪笥を並べました。
1-IMG_5349.jpg
桃袋のつるし飾り。
スタッフの手作りで毎年展示しています。
誰かが途中縛っているのかと思ったら
絡まっているだけでした。
ここで少々ロスタイムは発生。
1-IMG_5352.jpg
7段飾りの隣にも箪笥を並べ
その上に展示。
1-IMG_5353_202402041745547fd.jpg
角度を変えれば。
1-IMG_5354.jpg
店内はいってすぐい右側はこんな様子になりました。

ここから点内の机や棚を移動して展示スペースを作ります。
すでにある固定の机にも桃色の布を敷いて
店内のムードも変えていきましょう。
といってもそんなに潤沢に什器があるわけでもなく
工夫して作ることも多いのです。
例えばこちら
1-IMG_5374_20240204174633d56.jpg
上に販売品を置く台なのですが
1-IMG_5375_20240204174635d89.jpg
布をまくるとこのとおり。
箱を積み木のように積んでいます。
これだとお雛様が入っていたこの収納箱をしまうスペースにもなります。

1-IMG_5365.jpg
とにかくお預かりしている先生方の作品をだしていくのですがまだ届いていないものもあります。
飾りきれるかしら?
1-IMG_5366.jpg
机に本・棚を組み合わせて土台は作り上げてみました。
1-IMG_5367.jpg
享保雛・トコろん雛
壁のキャプションも完了。
1-IMG_5368.jpg
小寺人形の「帯から作るお雛様」の展示もこんなもので大丈夫かな?

ふと気づけば夕方4時過ぎ・・
1-IMG_5364.jpg
様子を見にいらしてくださったYさん
子ちゃんが自宅から昭和の「御伽草子」の人形を持参し展示してくれました。

1-IMG_5370_20240204174604e09.jpg
展示スペースをどうするか?
明日また続きをやりましょう。
1-IMG_5371_202402041746066d4.jpg
朝の写真と比較すると余計ごちゃごちゃに見える。
片付いていないなぁ。
1-IMG_5372_20240204174607055.jpg
こんなイメージで行けるか?
1-IMG_5373_20240204174609a2e.jpg
何せ細かいものが「山」とあるので
まだまだ先が長そうです。

それでも毎年楽しそうに雛をご覧にいらしてくださるお客様方が
この作品も嬉しそうにお求めくださるのです。
「毎年これが楽しみで・・・」
「昨年買ったの、このブローチ」
「孫が来るのでちょっとしたものを渡したくて」
ここ数年、必ず来店くださる男性のお客様も・・・

皆さん、もう少しお待ちくださいね。

明日からは展示が途中の大雛段をまたK子監督がいらして続けてくださる予定。
私は今年の富沢則子作品展の準備も始めましょう。

所沢のひな祭り2024 野老澤雛物語は2月10日(土)から3月10日(日)まで

この間11日(日)建国記念の日
    12日(月)振替休日
    23日(金)天皇誕生日 と毎週木曜日 町造はお休みになります。

特に11日、12日か開催早々申し訳ございませんが
定休日のため申し訳ございません。

そして3月3日(日)
まさにひな祭り当日は「新 三八市」改め「とことこ春の市 時代着物市」開催です。
どうぞお楽しみに・・・


すごいぞ!まちぞうスタッフの力!!!!!

1-IMG_5309-001.jpg
昨日の寒さとは少し違う?
なんだか暖かい気がします。
空も青いし‥予報では午後から曇るといっていたけれど今はいい気持ちです。

風はやや強め。バナーだいぶ破けているけどなぁ・・

さ、店内はこのありさま。
ここからあの素敵な雛段のある店内委するには
まちぞうスタッフの力が欠かせないのです。
1-IMG_5308_20240203174440a35.jpg
朝9時半前
久しぶりにスタッフSさんがいらしてくださいました。
やはりこのSさんとK子さんがいないと雛物語は始まりません!
1-IMG_5310_202402031744439eb.jpg
Sさん、どんなところまで上がって大丈夫?
1-IMG_5318_202402031744559ad.jpg
K子さんは慎重に雛人形を取り出していきます。

1-IMG_5311.jpg
一年ぶりですね。
1-IMG_5312_20240203174446f44.jpg
お変わりありませんでしたか?
1-IMG_5313_20240203174447d6e.jpg
良かった、今年も無事にお会いできて・・・

ふと外を見ると
新谷だ、今日に合わせてくれたかのように
あのボロボロバナーがきれいな雛物語に代わっていきます。
1-IMG_5314_2024020317444959b.jpg
風の強い中作業ありがとうございます。
1-IMG_5316_20240203174452297.jpg

11時半
Sさん「の百徳着物」や古い着物を拝見したいとアポをお取りになっていたお客様がお越しです。
1-IMG_5315_202402031744505c5.jpg
久しぶりに着物の話をなさるSさん。
1-IMG_5317_202402031744539d3.jpg
水を得た魚?のようにそれはそれはわかりやすく丁寧に説明なさっていました。
これにはお客様も大満足、大感激のご様子でした。

そしてSさん
今年も町中に飾るお雛様を持ってきてくださいました。
これは野崎商店さんに飾って大きな 大きな貝のお雛様。
この着物が古くてとても素敵な色合い、柄なんです。
1-IMG_5319_20240203174456dfe.jpg
野崎さんもずっとこの場所を空けて今日を待っていてくださいました。

Mちゃんがいらしたので入れ代わりに私は雛人形の作品を引き取りに北秋津のTさんのアトリエに出かけます。
今年はTさんの作品展を町造内で開催するのでその作品と
販売用の雛人形やつるし飾りなどたくさんお預かりしてきました。

そしてその帰りには小寺人形へ。

ここでは展示用の立雛と帯から作られたお雛様をお借りしてきました。

それにしても
1-IMG_5321_20240203174458d7e.jpg
イケメン揃い。
1-IMG_5322.jpg
1-IMG_5323.jpg
1-IMG_5324_20240203174502ead.jpg
あらま、かわいい!

町造に戻るとお手伝いが8人に増えていました。
すごい!
1-IMG_5325_20240203174504b81.jpg
K子さんが監督
商店街のYさんも総監督?となって
それぞれのスタッフと雛段を補正していく段階から入っていきます。
1-IMG_5326_20240203174505cd0.jpg
1-IMG_5327_2024020317453196e.jpg
そしてMちゃんとNさんの二人は大きな7段飾りを作ってくれていました。
1-IMG_5329_20240203174533a9e.jpg
こうして湯型5時過ぎには
1-IMG_5330_2024020317453455a.jpg
店内の8割は完成でしょうか?
1-IMG_5331_202402031745368cf.jpg
それにしてもまちぞうスタッフは本当にすごい。
イベント開催時にはテント搬入・設営・撤収からイベントの運営に至るまで
その準備作業からすべて少数精鋭で進めていますが
この雛物語の展示の際も
まさに〇人寄れば文殊の知恵ではありませんが
雛・人形にくわしいSさん、K子さんを中心に
総力を挙げて
いかに来店者が楽しんで喜んでいただけるとという目標設定ばっちりに作業してくださるのです。
もう、熟練の技といってもよいくらいの内容ばかりです。

メインのひな壇がまさか机と空き箱、段ボールを組み合わせてできているなんてお客様はご存じないし。
展示のお雛様のそれぞれの「段」やスペースもその時・その場所に合うように
段ボールやコピー用紙、様々なものを組み合わせて適時作ってくれているのです。
それも段組みを含め2日足らずでここまで完成させてくださるとは・・
もうさすがとしか言えません。

ある種「匠の技」「美のツボ【壺』じゃありませんよ。」
ぜひ10日からお立ち寄りくださいませ。


1-IMG_5332.jpg
明日の朝 写真を撮るのが楽しみです。

所沢のひな祭り2024 野老澤雛物語は2月10日(土)から3月10日(日)まで

この間11日(日)建国記念の日
    12日(月)振替休日
    23日(金)天皇誕生日 と毎週木曜日 町造はお休みになります。

特に11日、12日か開催早々申し訳ございませんが
定休日のため申し訳ございません。

そして3月3日(日)
まさにひな祭り当日は「新 三八市」改め「とことこ春の市 時代着物市」開催です。
どうぞお楽しみに・・・

雛物語の準備始まりました!

冬空の朝です。
気温は3度となっていました。
1-IMG_5271_202402021752553d8.jpg
店内から外を見ると冬だなぁ・・と思います。
1-IMG_5269_20240202175251dd9.jpg
さて、午後Mちゃんが出勤する前にできるだけのことはやっておきましょう。
1-IMG_5270_20240202175253dfd.jpg


お預かりしてきた作品を並べていきましょうl。
1-IMG_5273_20240202175256b4e.jpg
展示用のボードも片付けていきます。
1-IMG_5275.jpg
壁一面に貼り廻らせる「帯」の準備もしておきましょう。
1-IMG_5276_20240202175259d94.jpg
展示に必要な段ボールやクリアケースを運び込み
1-IMG_5277.jpg
展示台に使用する箪笥も並べていきます。
この上には「トコろん雛」かな?りかちゃんかな?
1-IMG_5278_202402021753028bb.jpg
1-IMG_5279_202402021753037cf.jpg
1-IMG_5281_202402021753054ea.jpg
大型ポスターも貼りタイトルも大きく打ち出して表からでも目立つようにしていきます。

1-IMG_5282_20240202175307384.jpg
午後Mちゃん、Nさんも手伝いにお越しくださいました。
1-IMG_5283_20240202175308fdc.jpg
現場総監督??のK子さん。

Nさん、Mちゃんで帯を飾っていきます。
1-IMG_5286_20240202175309ffd.jpg
1-IMG_5288_20240202175311e9d.jpg
その様子を見ながらK子さん、Yさんも作業工程を考えてくださっています。
1-IMG_5289_20240202175312794.jpg
実行委員長も来店なさり準備の進捗状況を確認!
1-IMG_5290_20240202175314d48.jpg

ここでわずかなコーヒーブわずかを挟み、すぐに作業続行です。
1-IMG_5291_20240202175315aee.jpg
途中、何度も意見交換し
私が準備しておいた、一昨年、昨年の展示(雛段制作過程)の画像をみながら
今年はこうしよう…ああしよう・・・と。
1-IMG_5292_20240202175317f20.jpg
1-IMG_5293_20240202175318410.jpg
1-IMG_5294_2024020217544731c.jpg
ここにいるメンバーは雛段設営の際にいる方ばかりなので
なんだか阿吽の呼吸で動けます。
1-IMG_5296_20240202175449e0b.jpg
1-IMG_5297_20240202175450de4.jpg
1-IMG_5298_20240202175451d60.jpg
1-IMG_5302_20240202175453988.jpg
1-IMG_5303_202402021754547bb.jpg
1-IMG_5304_20240202175456677.jpg
1-IMG_5305_20240202175458321.jpg
こうして午後2時ころから始めた雛段つくりですが
夕方5時前にはほぼ完成しました。
いつになく早くできたような気がしました。

毎年、雛物語を楽しみにお越しくださるお客様の顔が浮かんできます。

それに商店街の方もぜひこのイベントを利用して
ご自身のお店のPRにも使っていただきたいな‥と思いました。

飲食店さんなら雛物語に期間に「特典」をつけてくださるとか・・
物販店ならお買い物の際にこんな特典がありますよ・・・とか。

着物の着付けをするお店なら
着物を着てみんなで「まちぞうにお雛様を見に行こう」という企画を立てて
町造で写真撮影、そのまま神明様まで歩きま田写真撮影などなど・・
考えるだけでも楽しくなってきます。

明日はスタッフも何人か来てくださり
いよいよひな人形のあありつけに入れそうです。

思いがけないお客様

1-IMG_5257_2024013117594585e.jpg
今日は習字作品展最終日です。
この一週間天気には恵まれましたものの
強風にはずいぶん悩まされました。

そして悩まされたのではなく「実害」はこのバナーのボロボロ感にでています。
1-IMG_5255_2024013117594320d.jpg
静かな朝でした。

でも今日の私は大忙しです。
まず9時半過ぎに
雛物語期間中に展示販売する作品が続々納品されてきます。
まずはO先生。
1-IMG_5258_20240131175946050.jpg
相変わらず可愛らしいものがたくさん。
1-IMG_5259_20240131175947f6a.jpg
一目ぼれしたのがこのお雛様。
なんだかうまく言い表せないけどかわいい!!
1-IMG_5266_20240131175958966.jpg
と、T実行委員長が
「今からとことこ春の市 時代着物市に出店なさる方の打ち合わせ」とのこと。
大いそぎで先生の作品をまとめて・・
ここから打ち合わせ開始。
初めて参加なさる方へ「とことこまちづくり実行委員会」の思いをお伝えしていきます。
営利目的でもなく、こんなに10年以上も年間多くのイベントを開催できるには
私たちの熱意やあきらめない強い思いがあることもお話ししました。

午後1時
Mちゃんが出勤してきたらすぐに倉片人形へ出かけま。。
1-IMG_5260_2024013117594934d.jpg
年末年始にお借りしていたこの大きな「羽子板」の返却と
雛物語の際に展示するお雛様をお借りするためです。
1-IMG_5261_2024013117595071c.jpg
倉方人形の敷地内にある神社。
1-IMG_5264_20240131175955e5b.jpg
大きなお雛様なのですぐに町造がいっぱいになっていきます。

一度町造に戻ると今度はMちゃんは銀行へ。

そしてMちゃんが戻ると今度は小手指にお雛様をお借りしに出かけます。
1-IMG_5262.jpg
昨年10月に閉店した「西友小手指店」
1-IMG_5263_2024013117595310f.jpg
こんなになっているんだ。
私の好きだったポトマック桜・・・どうしたかなぁ?

16時過ぎ 町造に戻ってすぐに私は会議所へ。
会議所から戻った私を待ってMちゃんはそのまま外出・・直帰。
今日はすれ違いの一日でした。
1-IMG_5265_202401311759565bb.jpg
お借りしてきた着物。
1-IMG_5267_2024013117595985e.jpg
さ、これを貼りだしますか・・

17時
「店長、そろそろ片付け始めます。」とY先生。
本当に楽しくすがすがしく素敵な1週間でした。
昨年から1月末に開催してくださっているこの展示・・

どんなに忙しくても、疲れていても
この空間に入り皆さんの作品をめにすると
ほっと一息つける私にはそんな時間でした。
ありがとうございました。

そんな・・閉店前の17時15分頃でしたでしょうか?
Y先生が展示を片付けていらっしゃるときにあるお客様が・・・

4年ぶりくらいでしょうか?
お互いに久しぶりとか・・元気でしたか?とか
何かそういう挨拶はしなかったかな?
私にとってはとても懐かしく、うれしい来店でした。
と同時に2005年からここで働いていたことに改めて時の流れの速さ
一体どのくらいの方と出会ったのだろうか?など頭の中に様々な思いが巡りました。
詳しくは2月に入ってまたお話しいたしましょう。

さ、まちぞうはいよいよ雛の準備に入っていきます。
明日の定休日を挟んで2月9日までは
スタッフ総出で天和にの展示に入ります。
2月10日の初日をどうぞお楽しみに・・・