町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

投票日の週末・・・台風が気になりますね。

いよいよ今度の日曜日は投票日。
衆議院選挙もいよいよ最終局面になってきました。

昨日の驚くような寒さと雨に比べれば
何だか今日の雨は暖かく感じるくらい。
それでも、最高気温15度となっていました。

そんな今日は 飯能市役所から飯能まつりのパンフレットが届きました。
数日前に元まちぞうスタッフAさんが飯能まつりのパンフレットを10部程度お持ちくださったのですが
あっという間になくなってしまったので
飯能市役所にお願いして送っていただいたのでした。

到着のお礼の電話を入れた際に
今後はお互いに情報を交換できればなんてお話をすることができました。

出来れば今年は飯能まつりに出かけていき
町のようす、お客様のようす、お客様をお迎えするサイドのようすなど
色々吸収してこられればと思っています。
DSCN1670.jpg
おまけのパンフレットも入れてくださいました。
じもとカフェなんて興味あるものもあります。
飯能まつり
DSCN1669.jpg
飯能まつりは11月4日
DSCN1671.jpg
11月5日の2日間の開催のようです。
DSCN1672.jpg
この前もご紹介したと思いますが、もう一度・・・
元スタッフAさんの撮影した写真がパンフレットに載っているんですよ。
DSCN1673.jpg

この雨の中でも お客様がお越しになりました。
DSCN1674.jpg
トコろん展の打ち合わせもちょっと。
詳しいことは商業観光課の担当者とお話しいただきたいのですが
私は「トコろん展」の会場側として相談を受けさせていただきました。
DSCN1675.jpg
またお客様・・・
今回の展示も本当に1枚1枚丁寧に読もうとすると
本当に時間がかかります。
お客様も30分以上は滞在なさっていました。
DSCN1676.jpg
DSCN1677.jpg
とことこまちづくり実行委員会のT実行委員長は
J:COM所沢のNさんと何やら楽しそうなお話?
いえいえ、まじめなところざわまつり写真コンクールの打ち合わせです。
現在 所沢まつり当日に撮影なさった写真の応募を受け付けています。
ぜひ 自慢の1枚、ベストショットがありましたら
まちぞうはじめ 応募作品受付場所までお持ちください。
心よりお待ちしております。

そして今日のびっくり・・
DSCN1666.jpg
まちぞうにお越しになられたことのある方は目になさったことのあるパンフレットラック
雨の日は店内に入れておくのですが
今朝、掃除機をかけようと思って動かそうとしたら
なんか、変、おかしい??
DSCN1667.jpg
ん?ないぞ!!
DSCN1668.jpg
反対側にはちゃんとついている「車輪」がなくなっていたのです。
急いで外に出てみたら落ちていました。
車輪・・・と、ナットはみつかったけど
ワッシャーはどうしても見つからない。
でも、Mちゃんがちゃんとがたつかないようにしてくれました。感謝!!

さて、明日からも天気が悪そうです。
みなさま、お仕事も、通学も、おでかけも、そして投票に行く際も
十分に気を付けてくださいね

スポンサーサイト

久しぶりのお日様にほっとできた1日でした。

DSCN0966.jpg
ところざわまつりが終わると同時に
あの真っ赤なバナーが外されていた街灯に
DSCN1643.jpg
久しぶりに銀座商店街の緑のバナーが戻ってきました。
「写真を撮っていいですか?」
声をかけたお二人はにっこり
傘のいらないこんな日は作業にもってこいですね。

朝 最初のお客様?は
とことこまちづくりT実行委員長とショッパーのIさん。
11月に開催予定の「ところざわまつり写真コンクール作品展」のことなど
暫くお話なさっていらっしゃいました。
DSCN1644.jpg
と、展示をご覧になるお客様が
今日も次々とお越しになりました。
DSCN1645.jpg

こちらは所沢ひょうたん倶楽部のHさん。
11月開催の「まちぞう手作り教室」の件で打ち合わせに見えました。
予定していた午前中の講座が満員になってしまったために
急遽午後2時からの講座を開設していただきました。
DSCN1647.jpg
DSCN1648.jpg
そしてお持ちになったのがこちらのチラシです。
DSCN1650.jpg
DSCN1662[1]
このまちぞうの講座の直前
11月6日から10日まで所沢市役所1階の市民ギャラリーで
瓢箪お展示会があるので ここでもまちぞう手作りフェスタの紹介をしてくださるそうです。

こちらは先月開催した町歩きに参加くださったお客様と
髭爺を訪ねて見えたお客様
偶然まちぞうでお会いになって
3人で氏hバラク楽しそうにお話なさっていらっしゃいました。
DSCN1652.jpg
こちらはご近所のデイのお客様。
昭和3年生まれの男性 北海道からここ所沢にいらしたばかりだとか・・・
DSCN1653.jpg
それでもアイ子ちゃんの絵をご覧になって
この時代はどこでも同じようなことをしていたんだね・・と話されていました。
DSCN1654.jpg
お帰りになる前には「もう一度見に来たい」とおっしゃってくださいました。
DSCN1655.jpg
じっくりと
DSCN1656.jpg
一枚一枚本当にゆっくりご覧になるお客様が続きました。

こちらは銀行のTさん。
髭爺が制作中のパネルの展示内容について
最後の打ち合わせです。
12枚ものパネルにどのような視線でこの所沢を紹介するのか
伝えたい内容についても髭爺の目線と銀行の方の目線は当然違うため
どこに焦点を合わせるのかが肝心なのでしょう。
DSCN1657.jpg
DSCN1659.jpg
打ち合わせは丁寧に時間をかけて行われていました。

こちらは先ほどご紹介した11月開催の
「まちぞう手作りフェスタ」にご興味があって来店なさったお客様。
DSCN1658.jpg
スケジュールが合わないので講座をあきらめていらしたので
12月1日から開催の貸スペース「ハンドクラフトJOY」での
手作り教室開催のご紹介も合わせてさせていただきました。

DSCN1660.jpg
雨の晴れ間を縫って久しぶりに見えた
スタッフSさん。
今日も貴重な資料をお持ちになり
髭爺としばらく話されていました。

さて今回の企画展「絵画から見る懐かしの所沢百景」も折り返し地点に到達しました。
来週の25日には閉会です。
明日木曜日、まちぞうは定休日ですが
金曜日からぜひ一度ご覧になってください。

思わず笑っちゃうような楽しい絵
懐かしさでいっぱいの絵
みなさん それぞれの子ども時代に思いを馳せているようです。

ちょっとでも雨が上がれば すぐにお客様がお見えになる人気の企画展です。

DSCN1635.jpg
今朝は昨日よりは雨の勢いもない?
寒さも違うでしょうか?

お客様はお天気に敏感です。
雨が上がればすぐにご来店くださるのでした。
DSCN1637.jpg
昨日に比べれば まちぞうの前を歩く方も多い気がします。
今日は3人・4人とお仲間でお見えになる方が多かったようです。
DSCN1639.jpg
みなさん、展示の絵をご覧になるたびに
「おぉ、懐かしいね」とか
「これ、見たことある?」ですとか
「覚えている?」など
一枚一枚の絵の前で楽しいお話が広がっているようでした。
DSCN1641.jpg
DSCN1642.jpg
DSCN1640.jpg
今日も作品を見きれないお客様が
日を改めて見に来ます・・・とお帰りになられました。
そして何人もの方から「ここにる絵を本にまとめられないの?」とも言われてしまいました。
本当に手元に置いて何度開いても楽しい本位なりそうな作品ばかりですものね。

DSCN1636.jpg
お知らせです。
映像の作品をご覧いただく発表会です。

さて明日の午前中は束の間の太陽マークがついていました。
お洗濯もお掃除もお買い物もあるでしょうが
ぜひまちぞうにもお立ち寄りください。


12月並みの寒さ・・・終日雨の一日でした。

DSCN1616.jpg
朝からお客様がお越しになりません。
余りの寒さと雨のせいでしょうか?
まちぞうの前を通られる方も普段より少なく感じます。

スタッフMちゃん
「こうやってゆっくり見せていただく機会がなかったら・・」と
吉村アイ子さんの作品を見ています。
DSCN1630.jpg
今日 展示をご覧になられたお客様はこちらの方お1人でした。

このほかのお客様
実は金山町にある「武蔵野銀行」が今月30日に西住吉の新店舗に移動する際
新店舗で所沢の歴史などを写真展示でお客様にお目に掛けたい・・と
先週 髭爺にご相談に見えましたが
今日は具体的にこのくらいの大きさのボード何枚に作りこんでほしいと伝えにいらっしゃいました。

この町のこと、この町の歴史のことを・・・となると
必ずまちぞうを、髭爺を訪ねてくださる方がここ数年急増してきました。
中心市街地の活性化拠点施設としてのまちぞうが
この12年の時間を経て やっとその働きがみなさんに認知されてきたことを本当に嬉しく思うとともに
髭爺の地道な努力と、それに力を貸してくださる多くの町の皆さんの気持ちが
形になってきたんだと実感しています。

ちょっとここでブレイク。
アイ子ちゃんの可愛い絵をご紹介しましょう。
DSCN1617.jpg
アイ子ちゃんの小学校6年生の時のお話です。
羽根つき大会?
DSCN1618.jpg
そうなんだ、2位になっちゃったのね。
この先が面白いのです。
DSCN1619.jpg
DSCN1621.jpg
ぜひ、実際にご覧になりにいらしてください。
このお二人、本当に今もこんな「感じ」なんですよ。

DSCN1622.jpg
DSCN1623.jpg
そしてもう一枚、この絵ですが・・・
DSCN1624.jpg
この最後に描いてある『けがをすることはなかった』というくだり。
今は学校でこの遊びは危険だからできないようなのですが
この最後の文章を読んで なんだか「今の時代」を感じてしまったのでした。


さて今度は「故 峯岸 正雄」さんの絵画から。
DSCN1627.jpg
DSCN1625.jpg
この二枚の絵に共通するもの。
それは・・・
DSCN1628.jpg
DSCN1626.jpg
のこぎり屋根の建物です。
今は残っていませんが 織物関係の建物だったそうです。
なんでのこぎり屋根なのか?というと・・・??
日本の建築技術で 広い工場内部に自然 光をできるだけ多く取り入れようとする 目的のためにつくられたそうで
実際にこういった建物の内部に入ると、照明なしでも 予想以上に明るいそうです。
採光だけでなく換気の目的もあったそうです。

実は昨日から始まったテレビドラマで埼玉県の行田市の足袋工場が出てきたのですが
思わず、この峯岸さんの絵を思い出したのでした。

DSCN1632.jpg
ところで、今日 飯能から「ところざわまつり写真コンクール」に応募する作品をお持ちになったお客様が見えました。
旧店舗時代にボランティアスタッフとしてご活躍いただき
今も様々な形のご協力をいただいているAさんです。
Aさんは所沢にとどまらず、近隣の祭りの山車やお囃子について造詣が深く
皆さんから頼りになる存在として慕われている方です。

実は 現在は所沢から飯能にお引越しをされてしまっていて
そんな関係もあり「飯能祭り」のポスターをお持ちくださったのでした。

11月4日(土)5日(日)
4日の12:30~オープニングセレモニー
17時からは珍しい「底抜け屋台」の巡行があります。
「底抜け屋台」とは・・・
こんな表記がありました。

底抜け屋台についてご存じない方も多いと思います。
底抜け屋台は、屋台内部に床がなくて、お囃子演奏する方は、
屋台内側に入って、歩きながら演奏します。
屋台外側から見ている人は、
屋台に座ってお囃子演奏をしているように見えます。

つまりあたかも山車に座っているように涼し顔をして
実は一生懸命山車の動きに合わせて歩いているんですね。
所沢にもこんな写真が残っていました。
DSCN1633.jpg
DSCN1634.jpg
ここにある「小澤砂糖店」ままさに今のまちぞうの通りの反対側に会ったお店だそうです。
(現在のフォーラスタワー)

是非 飯能にも足を運ばれてはいかがでしょう?
もちろん山車もご覧いただけるはず
所沢とは一味違った「飯能まつり」はどんなお祭りなんでしょうね。

小雨降る冷たい一日でしたが お客様は次々と・・・

DSCN1562.jpg
今日は新しい展示の初日
いつもより早く出勤。
朝8時15分にはまちぞうに到着しました。

冷たい雨はどうやら今日一日続くとか。
暖房を入れたほうがいいのか?
何も入れないままでいいのか?
早めに店に入り お客様をお迎えしましょう。
と思っていたら8時半・・・
「楽しみにしていたんで」と今日最初のお客様がお見えになりました。
その後、約40分 丁寧に井火©枚一枚ゆっくりとご覧になって
「ありがとう・・また来ますよ」

こちらのお二人も、お仕事の前に。
DSCN1563.jpg
DSCN1564.jpg
「楽しいわ・・」
「そうそう、こんなだった。」

「今日からよね」とお見えになったご夫婦は。
DSCN1565.jpg
DSCN1566.jpg
「ほら、新井病院って知ってるでしょ?」
「あらい??」
「ほぉら、○○がさ熱だして・・・」
とお話がお若いころの子育て世代にまでさかのぼっていらっしゃるご様子でした。
DSCN1567.jpg
こちらのお客様も初日と知ってご来店くださいました。


それでは、こんな人気の企画展
「絵画から見る 懐かしの 所沢百景」
今回はお二人の作品(複写も含む)を展示させていただいています。

お1人目は 故 峯岸 正雄さん
大正13年生まれの方です。
DSCN1608.jpg
こちらは銀座通りにある「おもちゃのすだれや」さん
当時はすだれを取り扱っていた傍らにおもちゃがみえますね。
DSCN1591.jpg
こちらの「お面」おかめやさんは
現在の「面亀」さんのことだそうです。
日本国内の熊手のシェア80%以上はこの面亀さんと聞いたことがあります。
本当に「おかめ?のお面」を作っていらしたのでしょうか?
DSCN1593.jpg
ということで
DSCN1572.jpg
DSCN1573.jpg
DSCN1574.jpg
DSCN1575.jpg
DSCN1576.jpg
DSCN1577.jpg
DSCN1578.jpg
昔の所沢にあったお店や 昔の町の様子が面白く描かれています。
実際にこの光景を覚えている方はだいぶ少なくなってきているのかもしれませんが
どことなく懐かしく、大人気の絵画です。

そしてもう一方はわがまちぞうスタッフの吉村アイ子ちゃん。
髭爺の同級生のアイ子さんですが、スタッフ間では「アイ子ちゃん」で通っています。
毎年まちぞうの年賀状はアイ子ちゃんがデザインしてくださっているんですよ。
DSCN1609.jpg
DSCN1579.jpg
DSCN1582.jpg
DSCN1583.jpg
DSCN1587.jpg
アイ子ちゃんの作品は
今日お越しになったお客様のほとんどが同世代であったために
みなさん大笑い・・・
思わず声を出して「そうそう・・こんなだった」とおっしゃったりと
こちらも大人気でした。
DSCN1603.jpg
DSCN1604.jpg
今も人気のお店「荒幡コロッケ」を授業を抜け出してお昼ご飯のおかずに買いに行く話など
豪傑?豪快?アイ子ちゃんの秘話もたくさんご覧になれますよ。
DSCN1606.jpg
まさに、このタイトル通りです。
DSCN1610.jpg
アイ子ちゃんの作品を見ていると「戦争」すらも
家族みんなで明るく乗り切ってしまったようにも思えてしまうほど
愛嬌のある素敵な絵画の数々です。
DSCN1611.jpg
最後にお越しになったのは吾妻図書館のMさん。
沢山の構想をお持ちの方で
どうすればみなさんに喜んでいただけるか?
これからの図書館のあり方など お話を伺っているだけで
こちらに力がわいてくるほど情熱のある方でした。

図書館、公民館、児童館、学童・・・など
決して一緒のものではないけれど、その地域によったり
利用する方達の層によったりで
発想を転換し 何か新しい形に生まれ変えることはできないのか?
限られた人材、限られた予算の中で より良いものを求めていければと
考えさせられる良い機会をMさんからいただけました。

今回の心温まるこのお二人の「絵画」から
夫々の方が ほっと心が柔らかくなるような「なにか」を受け取って帰っていかれたようでした。
次のページ

FC2Ad