FC2ブログ

町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

古布で作るバラの針刺し

「古布で作るバラの針刺し」二日目の講座です。
1-DSCN4456.jpg
実は今回とても面白いこと・・・というか
お客様にとってラッキーなことが続きました。

まず、午前中お申し込みの方が急遽午後の回にしてくれないか‥といわれ
何とかお入れましょう‥と先生がおっしゃってくださっていたところ
午前中の講座に うっかり午後お申し込みのお客様が急にご来店。
こんなことが続き 空席の所に入れたり
満員のはずがうまく空席が出たりで
言葉が適切かどうかはわかりませんが「帳尻があいました」
どなたにも迷惑を掛けずに ゆったりとお掛けいただいたのでほっといたしました。
1-DSCN4457.jpg
というわけで、皆さん和やかに・・
楽しく・・・話題は来春の「野老澤雛物語」へ・・・
もう来年の話題でわくわくです。
1-DSCN4458_20191112165002e47.jpg
1-DSCN4459_20191112165004949.jpg
1-DSCN4460_201911121650055fb.jpg
1-DSCN4461_20191112165007d08.jpg
1-DSCN4462_20191112165009a36.jpg
1-DSCN4463_20191112165010a7a.jpg
1-DSCN4464_201911121650116f0.jpg
いかがですか?
作品見本も含め 今回の古布で作るバラの針刺しは
こんなにバリエーションがあるんですよ。
1-DSCN4470_201911121650134d9.jpg
針刺しとはいうけどアロマや「文香」などを入れて玄関や洋服ダンスに入れれば
ほわっと良い香りがしてきますよね。

そして午後の教室も良いムードでスタート。
1-DSCN4472_2019111216501486b.jpg
1-DSCN4473.jpg
来年の雛物語期間中に製作する予定の「つるし飾り」や「お雛様」もご紹介。
またまた話題が来年へ・・・
1-DSCN4474.jpg
そして徐々に針刺しは出来上がっていきます。

幼稚園帰りのお子さんとママ
お祭りが好きなんですって。
1-DSCN4475.jpg
こうして午後の教室も無事に終わり皆さん大満足でお帰りいただけました。
1-DSCN4476.jpg

この間、私はとことこまちづくり実行委員長とサンタを探せ!にご協力くださる企業の方と打ち合わせ。
この企業とはもう3年目のお付き合いにあるでしょうか?
段々とご協力から「一緒にやってる」感が出てきていることがうれしくて・・
今後もどうすれば企業と一緒に「活性化」の道筋をもっと出せるのか?

またさまさまな企業やお店から
サンタdeビンゴの景品提供のお申し出や
直接お届けくださいました。
嬉しい・・嬉しい・・・店内がどんどん狭くなっていくこの時期が一番うれしいまちぞうでした。

そして夜18時半から20時過ぎまで
飯能で地域活性化講演会でお話を伺いました。
初めて知ったこと、そうそう・・と同じ思いな事
どうすれば実現できるかな?
どうしたら・・・だうやって・・・
何かを考える機会を与えていただき感謝の夜でした。
スポンサーサイト



店内 そろそろっとサンタに突入モードでございます。

いつもサンタを探せ!イベント時に使用するサンタ衣装を 毎年大量に購入させていただいているお店の方から
「サンタ服 納品してきましたよ」
ありがたい事に、毎年、毎年ハロウィンが終ると
とことこまちづくり実行委員会がサンタ服を200着必要になることを覚えてくださっているのです。
しかも自分の店舗に数が揃いそうにないと
近隣の系列店にある在庫まで確認し情報を提供してくださるのです。
1-DSCN4445_20191111175409aee.jpg
そこで店内にある在庫数の確認もはじめ
今年購入するサンタ服、サンタ帽子を数えていきます。

基本、サンタ服、帽子は毎年「サンタクロース」になってくださる学生さんなどに
イベント終了後そのままお持ち帰りいただいているので
在庫はわずかしかありません。

案の定、今年も当然買い足さなくてはなりませんでした。
1-DSCN4446_201911111754118b5.jpg
ぐわぁ・・・
実はこのサンタ服などは店内のクーラーの設置してある裏側の空間に仕舞っているのですが
イベントに使う様々なものと一緒に高く高く積み上げているので
ちょっと気を緩めると・・バラバラバラ・・・崩れてきてしまいます。

私はこの作業をしているときにMちゃんはスタッフサイドに寄せてある
サンタdeビンゴ関連で頂いた景品やら、関連のものを整理し片付け
何がどのくらいあるのかをカウントしてくださっています。
1-DSCN4447.jpg
1-DSCN4448_20191111175414e3c.jpg
こんなに沢山集まりつつある・・と思っても
ビンゴの景品は3000個以上集めなくてはならないので
まだまだ足りません。
今回も地元企業、商店街の方はもちろん
商工会議所の役員の方からも続々とご提供いただいている最中です。

1-DSCN4449.jpg
そのころ、私は数え終わり
サンタ帽子もこのようにひとまとめにしていきました。

1-DSCN4450_20191111175417d79.jpg
クーラーの裏ってここの事。
この奥は意外に広いスペースになっているんですよ。
1-DSCN4451.jpg
サンタ髭の数も数えてもらいます。
1-DSCN4452.jpg
細かなものも
1-DSCN4454.jpg
段ボールに詰めて積み上げやすくしていきます。
1-DSCN4455.jpg
今日、いただいてきた景品の一部・・・

こうして閉店時間を迎えた今日は
朝から電話が多い月曜日でした。

手作りフェスタの講座のお申し込み。
また公民館で昨日ポスターを見かけたお客様は
たまたまキャンセルの出たところに参加できることになり
大変喜んでくださいました。

その間に「サンタ景品」ご提供の電話も入ってきます。
数量に関係なく ほとんどのものは引き取りに伺うので
その日程調整もしなくてはなりません。
一日に数か所回る場合にはその時間、回るルートも効率よく考えなくては・・・

さ、明日は仕事を終えすぐに飯能まで出かける予定です。
「地域活性化講演会」 講演者の澁沢栄一氏が曾祖父にあたる澁沢寿一氏です。
くしくも今日 11月11日は澁沢栄一氏の命日です。
どんなお話が伺えるか楽しみです。

穏やかな天気の中央公民館祭り・・・私はサンタdeビンゴの景品をいただきに。

朝晩 気温が低く感じていましたが
日中はなんだかちょっとほっとできるような気温になってきたみたい。

そんな今日から明日の10日まで
中央公民館祭りが開催されます。

丁度 午後12月14日開催の「サンタを探せ!2019」のビンゴゲームの景品のご協力を
商店街を一軒づつ回る前に
公民館を覗いてみました。
1-DSCN4424_20191109175522b51.jpg
元町コミュニティ広場では
何時もの土曜日のように子どもたちが遊んでいます。
1-DSCN4425_201911091755237d4.jpg
一階・・・
各町内ごとに皆さんの力作が並んでいました。
1-DSCN4426_201911091755253c7.jpg
1-DSCN4427_20191109175526b62.jpg
1-DSCN4428_20191109175528593.jpg
1-DSCN4429_20191109175529f51.jpg
1-DSCN4430_201911091755314f7.jpg
1-DSCN4431_20191109175532419.jpg
来年の干支・・・ねずみの木目込みです。
1-DSCN4432_20191109175534ddf.jpg
こどもの将棋・・結構混んでいました。
1-DSCN4433.jpg
二階の廊下には写真が・・・
1-DSCN4434_20191109175537c52.jpg
花びらで絵を作られていました。
1-DSCN4435_20191109175538065.jpg
さ、いよいよ商店街へ出かけます。
今日だけで30店舗 銀座通りを回らせていただきました。
そちらのお店もこの頃はMちゃんや私のかを見るだけで
「アレ?今度はなんでしたっけ?あ、もうサンタの時期なんですね」と向こうから話しかけてくださいます。

実は昨年1600枚のビンゴカードをご用意していたのですが約40分で完売となり
沢山の皆様をがっかりさせてしまいました。
実行委員長はじめスタッフみんなでどうすれば改善できるかを考えてきました。
でも、実行委員長の「楽しみに来てくださる子どもたちをがっかりさせないように
何とか頑張って今年は3000枚に増やしてみよう」という言葉を聞いて
私達も3000個の景品確保に、大抽選会の特賞賞品確保のために
昨年以上にあちこちにお願いに上がりご協力を募っているのでした。

おかげさまで毎年新しい企業やお店が協力してくださるようになってきました。
出来る範囲、無理のない範囲で皆さんのお力を頂ける幸せを感じています。
1-DSCN4437_20191109175540d42.jpg
まちぞうに戻ると写hシンコンクール展をご覧になりお帰りになられるお客様とすれ違い。

また夕方お越しになったお客様と
神明社の話から、時代着物市 新三八市へと話が向かい
秩父銘仙、川越唐山、入間双子織、そして落合で毎年春に開催される「染の小道」などへ・・
次々にお話が伺えてとても有意義な時間が過ぎていきました。

「着物」というキーワードからどうすれば今の時代に合う形になるのか?
今の時代に合う形にすべきものもあれば
あわせないままの方が良いこともあるんだなぁ・・
お話をお聞きしながら頭の中では
「時代着物市」「野老澤雛物語」に生かせるものは>ことはないかを探してしまいました。
せっかくのご縁・・・無理にはいけないけど、無駄にするのはもっといけないんだろうなぁ・・・

ところざわまつり写真コンクール展、まちぞう手作りフェスタ初日です。

10月1日からお申し込みを受け付けていた「ましぞう手づくりフェスタ」
いよいよ本日よりスタート。
ほぼすべての講座が満員となっていますが
キャンセルも若干ですが出てきておりますので
お気軽にまちぞうまでお問い合わせください。

さて初日の講座は「古布で作るバラの針刺し」
1-DSCN4406_2019110818154553a.jpg
初めての方も
良く参加してくださる方も
みなさんここに座って「教材」を手にしたとたん
意気投合・・笑い声が絶えない時間になっていきます。
1-DSCN4408.jpg
1-DSCN4414.jpg
三かな割る方はもちろん「手作り大好き」なお客様が多いので
身に着けられるものも当然手作り品が多いみたいです。

今日のS先生の魅力は材料が絹・・・
鹿の子絞りだったり とにかく小さな布一枚でも
手に取られたお客様がワクワク楽しくなるように考えてチョイスしてくださっているところです。
1-DSCN4415.jpg
1-DSCN4416_20191108181600c89.jpg
1-DSCN4417_2019110818160242b.jpg
1-DSCN4418_20191108181603ed9.jpg
アレンジの作品見本も見せてくださり
ここがまた参加さ屋の制作意欲をくすぐるのでしょう。
すぐに次の作品を作りたくなるような気分になるようです。
1-DSCN4419_2019110818160517a.jpg
1-DSCN4420_20191108181606107.jpg
完成した作品を嬉しそうに袋に入れてお持ち帰りになるみなさんでした。

この講座のみ日程を4日間としておりますので
参加希望の方は15日(金)18日(月)に空席がございます。


そしてところざわまつり写真コンクール展
今年は始まって以来の「まつり中止」だったために
当然写真コンクールの作品募集が出来ませんでした。

そこで 2013年からの「ところざわまつり大賞」を含む各年の受賞作品を一堂に集めて展示しました。
1-DSCN4409_20191108181550fbc.jpg
2013年
1-DSCN4410.jpg
2014年
1-DSCN4411_2019110818155345c.jpg
2015年
1-DSCN4412.jpg
2016年
1-DSCN4413.jpg
2017年
1-DSCN4407.jpg
2018年

二週間ご一緒した「桔梗色」とのお別れです

2週間前にスタートした「秋草学園70年の歩み」
この桔梗色のドレス
1-DSCN4314_201910281738252aa.jpg
1-DSCN4316_20191028173828536.jpg
1-DSCN4315_2019102817382622c.jpg
1-DSCN4317_201910281738297ea.jpg
1-DSCN4318_20191028173831366.jpg
このドレスと共に2週間かわるがわるまちぞうに顔を出してくださった先生方
同窓会の皆様とのお話、イベントごとの学生さんたちの様子などを拝見してきて
すっかり「秋草色」に染まってきた私でしたが
今日でいよいよ展示の終了です。
DSCN4392.jpg
DSCN4393.jpg
DSCN4394.jpg
午後二は学生さんも先生もいらして片付け作業。
そして・・・
DSCN4398.jpg
車で二往復。
沢山の展示品と「思い出」を車につめてお帰りになられました。

空っぽになった店内ではすぐに金曜日から始まる
「ところざわまつり写真コンクール展」の展示準備です。
DSCN4396.jpg
日栄会理事長自身も展示。
今年のところざわまつりが中止になったために
今秋の展示は昨年から過去6年間の受賞作品のみとなりますが
毎年真剣に作品を選ばれてきた理事長ならではのこだわりが見えます。
おまつりに掛ける思いがそのまま選ぶ作品に繋がっているようです。

DSCN4397.jpg
秋草学園の方も手を貸してくださったり
2週間も一緒だとなんだか別れがたいですね。

DSCN4401.jpg
DSCN4402.jpg
DSCN4403.jpg
さ、そしてこの写真の中で始まるのが
「まちぞう手づくりフェスタ」
キャンセルが出ている講座もございます。
気になる方はぜひご来店または電話でお問い合わせください。
次のページ